猫が交尾時に鳴く理由

それを聞いたことがある人なら誰でも、控えめに言っても、猫が交尾するときはいつでも猫の叫び声がかなり迷惑であることに同意するでしょう. その音は紛れもなく、心に残り、夜中に目が覚めるほど大きな音です。 そして最悪の部分は、悲鳴が絶え間なく続くことです。 この厄介な音を初めて聞いた人は、猫の健康状態を心配するかもしれません。

猫、特にメスの猫は、単に発情しているわけではありません。叫び声はほとんどの場合、苦痛の叫びでもあるからです。 雌猫は交尾中に耐え難いほどの痛みを経験するため、近所に響き渡る耳障りな音を立てる理由は理にかなっています。

雌猫にとって交尾は楽しいものではありません。

特に夜間にこの不快感を経験するのをやめたいと思っている猫の飼い主には、実際にこれらの絶え間ない悲鳴を終わらせるためにできることがあります. しかし、最初に、交尾時に猫が鳴く理由を理解しましょう。

猫が交尾のときに鳴くのはなぜ?

雌猫または女王は交尾の際に悲鳴をあげます。

私たちのほとんどは、猫が交尾するときに喜びのために悲鳴を上げると思うかもしれません. ただし、ほとんどの場合、女性の部分は遭遇中に耐え難いほどの痛みを経験するため、これは常に当てはまるとは限りません. 実際、あなたが聞く悲鳴のほとんどは雄猫の生殖器官の痛みに耐えなければならないメスの猫からのもので、女王の生殖器官を貫通します.

これは単に雄猫の生殖器官が小さなスパイクに非常によく似た陰茎の棘を備えているためであり、メスの猫または女王が遭遇の全期間にわたって苦痛を経験する理由です. 激しい痛みのために、雌猫が逃げようとするのは典型的なことです。そのため、雄猫が逃げるのを防ぐために雌の首を噛んでいるのを見ることができます。 確かに、これらのネコ科動物間の交尾はロマンチックではありません。

雄猫や雄猫は交尾時に女王猫や雌猫に反応して鳴く

雌猫の悲鳴だけでは物足りないのか、雄猫の悲鳴もすぐに続いて延々と続く。 雌猫とは異なり、トムキャットはそれほど声を出すことはありませんが、より声の大きい雌猫に反応して悲鳴を上げます。 ただし、雄猫の悲鳴は、女王様が苦しんでいるため、喜びだけに起因する可能性があります。

あなたの周りの気温が暖かくなり、日が長くなるにつれて、暖かい日が猫の繁殖期のピークを知らせるので、これらの猫の叫び声が通常よりも頻繁に発生することを期待してください.

雌猫または女王は、繁殖の準備ができたときに悲鳴を上げます

これらのネコ科の動物は一年中交尾を続けるため、確立された交尾期はありませんが、暖かい季節は通常より頻繁に交尾します。 気候がより寒い地域に住んでいる場合は、これらのネコ科動物が早春から夏にかけてより頻繁に交尾することを期待してください. ただし、気候が温暖な地域に住んでいる場合は、子供を抱いているときを除いて、猫が一年中交尾することを期待してください.

メスの猫が繁殖の準備ができると、雄叫びを上げるか、猫の鳴き声を開始して、交尾の準備ができたことを周囲のトムキャットに知らせます。 雌猫は初対面で妊娠することはめったにないため、排卵中に1日に何度も猫の鳴き声を鳴らして、最終的に妊娠するまで雄猫を誘います.

猫の鳴き声を止めるにはどうしたらいいですか?

雌猫が繁殖する時期になると、ペットの悲鳴を止めるのは難しい課題です。 これらの女王バチは、交尾する前でも悲鳴を上げます。これは、悲鳴を使用して、潜在的な仲間に利用可能であることを知らせるためでもあります。 この理由で猫が叫ぶのを止めたい場合は、避妊去勢手術を行うのが最善の方法です。

避妊手術とは、雌猫の卵巣と子宮を外科手術で切除することを指します。 あなたの猫がオスの場合は、ペットに去勢手術を受けさせ、トムキャットの睾丸を取り除くことができます. この手順により、ペットの熱サイクルと生殖能力が排除されます。 この手順で、交尾やヒートサイクルによる猫の鳴き声を止めることができます。

避妊や去勢は猫に害を及ぼす可能性がありますか?

長期的には、不妊手術が猫にとって最良の選択かもしれません。

避妊と去勢は猫の典型的な手術で、通常は合併症はありません。 認可を受けた獣医師のみがこれらの手順を実行することが許可されており、ペットの合併症を発症するリスクが非常に最小限に抑えられている理由. 避妊手術や去勢手術を好まないペット所有者もいますが、これらの手順は、ペット所有者だけでなく、動物にも多くのメリットがあります。

専門家は、いくつかの種類の感染症や病気を予防する効果的な方法であるため、猫の避妊または去勢を一般的に支持しています。 したがって、避妊手術や去勢手術に関しては、専門家によって行われている限り、その手順が猫に害を及ぼす可能性はほとんどありません.

避妊手術や去勢手術で猫の行動は変わりますか?

一部の猫の飼い主は、ペットの行動が変わる可能性があるため、不妊手術や去勢手術に懐疑的です。 ただし、猫の行動は、処置から治癒した直後もほぼ同じままであるため、これはすべて単なる神話です. これはペットの回復の一部であるため、手術後にペットの行動が異なるのは正常ですが、一般的に、ペットの行動は変わりません。

彼らの行動に何らかの変化があれば、彼らはもはや交尾したいという衝動を感じなくなるので、それはほとんどポジティブです. 雌猫を飼っている場合は、交尾の苦痛を感じなくなるため、この手順は猫に有利に働きます。 雄猫の飼い主の場合、動物が交尾相手を探す必要がなくなるため、猫の徘徊が減少することが期待できます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *