良いライダーになりたいなら覚えておくべき13のこと

  • 国際的に有名な馬場馬術コーチでライダーのバイオメカニクスのスペシャリストである Mary Wanless は、正しいバイオメカニクスがパフォーマンスにどのようにプラスの影響を与えるかについて、有益なアドバイスを共有しています。

    1. 手足をどのように配置するか、どれだけ安定しているか、どのように馬に影響を与えることができるかは、体のバイオメカニクスによって決まります. 体が強くて安定しているがしなやかであればあるほど(つまり、ライダーが優れた生体力学を持っている場合)、馬にプラスの影響を与えることができます.



    2. 馬に座っているときは、肩、腰、かかとがすべて揃っている必要があります。 あなたの馬があなたの下から連れ去られた場合、バランスを取りながら足で着地するかどうかを考えてください.

    3. 最適な効果を得るには、大腿骨を垂直に対して 45 度にする必要があります。

    4. ほとんどのライダーは 2 つのカテゴリのいずれかに分類されます。 ライダーは、シートから首までの距離がライダーの上半身の前部と後部の両方で同じ量になるように、背中の位置でニュートラルで垂直でなければなりません。

    5. また、ライダーが座席で上または下のカテゴリに分類されることもよくあります。 「上向き」のライダーは、サドルが非常に熱くなっているように乗る傾向があり、非常に背が高く座る傾向がありますが、「下向き」のライダーは、より重いシートでサドルに腰を下ろします。 優れた生体力学を持つライダーは、これら 2 つのカテゴリーの中間に位置します。

    6. ライダーは、両方のシートボーンで同じ量の体重を持つ必要があります。

    7。 ライジング・トロットのライダーの「アップ」の動きは、馬の前方への推力と一致する必要があります。

    8. 立ち上がり速歩では、ライダーの脚の膝から下の動きがあってはなりません。 同様に、ライダーは上昇の頂点で背中をくぼませるべきではありません。

    9. 馬とライダーの間の接触面積は、完全に着席したズボンの面積に相当する必要があります。 ライダーの体重は、馬の胸郭全体に分散する必要があります

    10. 優れたライダーのバイオメカニクスとは、必ずしもライダーがどれだけリラックスしているかということではありませんが、馬の上で安定するために、筋肉と筋力 (常にリラックスしているわけではありません!) をうまく活用することです。

    11. 効果的に乗るには、ライダーは体幹の筋肉を鍛える必要があります。おなかを吸い込んで壁を作り、その壁に向かって体幹を押し出すことを考えてみてください。

    12. ライダーは、体全体に力を均等に「詰め込む」必要があります。

    13. 足よりも太ももに体重がかかるはずです。

    あなたも興味があるかもしれません…

    馬場馬術のエキスパートであるピーター・ダブが、馬場馬術のテストでライダーが犯すよくある間違いとその方法について、いくつかの知恵を共有します。

    毎週木曜日に発行される Horse & Hound マガジンには、最新のニュースやレポートのほか、インタビュー、スペシャル、ノスタルジア、獣医、トレーニングに関するアドバイスが満載です。 楽しみ方を見つけよう 配信された雑誌 さらに、サブスクリプションをアップグレードして、ニュース速報やレポート、その他の特典を提供するオンライン サービスにアクセスするオプションもあります。

  • Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *