「世界で最高の気分」: ジョン・ウィテカーの半世紀にわたる HOYS での競技について

  • 伝説のジョン ウィテカーがホース オブ ザ イヤー ショー (HOYS) に初めて出場してから半世紀以上が経過しました。

    1971 年、16 歳のとき、彼はクレイジー ホースと呼ばれる歪んだポニーに乗って、現在ポニー ショージャンパー オブ ザ イヤー クラスに参加しました。



    「うまくいかなかった!」 彼は言った。 「でも、それ以来、私は来ています。」

    当時、ポニー・フォックスハンターのファイナルはHOYSではなくヒックステッドで開催され、ジョンもそこに飛び込んだ。

    「私たちはシェフィールドで予選を通過し、父は地図を取り出して、『それは長い道のりだ。時間に余裕を持って出発したほうがよい』と言いました」とジョンは言いました。 「だから私たちは 3 日前に出発し、時間通りに到着するためにポニーに乗りました。クラスの 1 時間前に到着しました。

    「そこにたどり着くまでに3日かかりました。大型トラックが故障し、すべてがうまくいきませんでした。湖と噴水のある大きなリングに入り、ポニーは一目見ただけでぐるぐる回って家に帰りたがりました。 私は一周して、7つの過ちを犯したと思います。ポニーをトラックに戻し、家に帰りました。」

    ジョンは当時のウェンブリーで開催された HOYS を BBC で見たことを覚えています。

    「テレビのゴールデンタイムの午後 9 時だったのを覚えています。翌朝、ポニーを連れ出し、レンガの上に厚板を置き、さらにレンガを積み続けました」と彼は言いました。

    私はそれを見るのが大好きでした。 私はそれを信じていなかったでしょう。

    ジョンが復帰し続けているのは HOYS の何なのかという質問に対して、今年はニューヨークでのグローバル チャンピオンズ ツアーのレグの直後に 5 つ星の素晴らしい勝利を収めたなど、彼は次のように述べています。

    「それでも素晴らしいショーです。 自分の国でこのようなショーをサポートするのは良いことですが、ここに来てジャンプするのは素晴らしいことです. 2 週間前、私はニューヨークにいました。そこから家に帰るにはもう少し時間がかかります。

    「特にあるとは思いませんが、ここにはたくさんの良い思い出があります。 リングに上がって歓声を上げられるのは素晴らしいことですし、運が良ければクラスで優勝できれば、それは世界で最高の気分です。」

    ジョンは、ハービー・スミスとデビッド・ブルームが彼のアイドルだった 51 年前からのスポーツの変化を振り返りました。

    「私はそれらすべてを見て、それらからビットを拾おうとしました」と彼は言いました. 「今でもそうしています。 私は若い人たちを見て、彼らから物事を拾おうとします。

    「しかし、20 年前でさえ、それほど良い馬でなくても勝つことができました。 ハーヴェイなどは普通の馬で勝っていたが、最近はそれができない

    ジョンは、リングでの障害飛越競技と家でのすべての仕事の両方が、彼にとってまだ挑戦であると付け加えました。

    「このスポーツの特徴の 1 つは、勝つことよりも負けることの方が多いということです。負けに慣れて、それを乗り越える必要があります」と彼は言いました。 「私はまだ競争力があり、楽しんでいるし、まだできる。 リングに上がるだけでなく、新しい馬を見つけ、若い馬を見つけて連れてくることです。 それは挑戦であり、それがうまくいったとき、それはすべてのハードワークの価値があります.

    「私は少し年をとったように歩き回っています。おそらくそのように見えますが、私の体は馬に乗って大丈夫だと感じるように設計されていると思います。馬に乗ると、完璧な気分になります。」

    あなたは下記にもご興味がおありかもしれません…

    HOYSのアクションを1秒もお見逃しなく HorseandHound.co.uk 週 1 ポンドから読むことができる量に制限はありません。 Horse & Hound 無制限の Web サイト サブスクリプション。 今すぐ参加. さらに、10 月 13 日木曜日に発売される、すべてのショーと障害飛越競技の詳細な分析と独占的なコメントを含む、22 ページの完全な HOYS マガジン レポートをお楽しみください。

  • Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *