「足の外側で骨が折れた」: 若いライダーが重傷から復帰し、ポニーを高く乗せてフィニッシュ

  • 昨年、異常な転倒で 2 つの開放骨折を負い、6 か月間サドルから外された若いイベント参加者は、ポニーで最高の状態で最後の年を締めくくりました。

    ノース ヨークシャーを本拠地とする 16 歳のエミリー ワーズデールは、昨年 7 月にビショップ バートン国際ユース選手権の準備をしていました。彼女の自家繁殖のポニーであるミス ウィニフレッド ワイルドが、野外での教育セッション中にキジに怯え、牝馬が滑って転んでしまいました。 .



    エミリーは脛骨と腓骨の 2 つの開放骨折を負い、脚にピンとロッドを挿入する手術が必要でした。

    「ウィニーは足を失い、私の上に着地し、私の骨が足の外側で折れました。 ジマーフレームを使って歩くことを学ばなければならず、6 か月間は乗ることができませんでした」とエミリーは言いました。 H&H.

    「私はいつも Winnie に乗っていたので、私が回復するまで彼女に休みを与えました。 馬に乗ってこんなに笑顔になったことはなかったと思う」

    エミリーによると、当初の計画では、ウィニーが馬に転向したため、昨年ウィニーを売却する予定でしたが、もう 1 年間飼うことが決定されたため、彼女は鞍から離れた後、慣れ親しんだポニーに戻りました。 このペアの 2022 年シーズンは 3 月にリンカンシャーで始まり、BE100Open での馬場馬術スコアを 11 位で終えました。

    「冬のトレーニングのほとんどを欠席していたので、初期のイベントをトレーニングとして使用する必要がありました」とエミリーは言いました.

    「私たちは素晴らしいシーズンを過ごしました。これ以上は望めません。 9 月 8 日のコーンベリーでの 2 つ星では 4 位で、馬場馬術のスコアでフィニッシュしました。彼女は正気ではありませんでした。」

    ウィニーは、エミリーが馬にステップアップするにつれて売却され、将来は自分のイベントヤードを運営することを期待しています.

    「私はずっとウィニーに乗ってきました。私たちはお互いを生み出してきました。 彼女は私にとってすべてを意味し、彼女が先に進む時が来たら難しいでしょう」とエミリーは言いました.

    あなたは下記にもご興味がおありかもしれません:

    毎週木曜日に発行される Horse & Hound マガジンには、最新のニュースやレポートのほか、インタビュー、スペシャル、ノスタルジア、獣医、トレーニングに関するアドバイスが満載です。 楽しみ方を見つけよう 配信された雑誌 さらに、サブスクリプションをアップグレードして、ニュース速報やレポート、その他の特典を提供するオンライン サービスにアクセスするオプションもあります。

  • Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *