オリンピックの総合馬術選手、イングリッド クリムケが馬場馬術ワールド カップのレグで優勝

  • ドイツのオリンピック種目出場者イングリッド クリムケは、馬場馬術ワールド カップのシュトゥットガルト レグ (11 月 9 ~ 13 日) で優勝するために自己ベストを記録しました。

    Ingrid と Franziskus FRH は、グランプリ フリースタイルで 83.44% のスコアを獲得し、ホーム グラウンドで優勝しました。 彼らのテストには、トランジションを停止するための片手での延長速歩が含まれ、芸術部門では 89% 以上の点数を獲得しました。 フリースタイルでのこれまでの自己ベストは 80.680% でした。



    「彼は今日とてもよく耳を傾けていました。彼は本当に素晴らしかったです。 いまだに信じられません」とイングリッドは言いました。

    「彼はフリースタイルが大好きです。 彼は今日とても落ち着いて私の話を聞いていて、センターラインでの彼の 2 テンポの変化は素晴らしかったし、ターンの最後のピアッフェと最後の延長トロットも素晴らしかった。」

    ドイツ代表として五輪の総合馬術に出場し、2 つのチームで金メダル、1 つのチームで銀メダルを獲得しているイングリッドは、8 月にヘルニングで開催された世界選手権でフランツィスクスと共に馬場馬術選手権デビューを果たしました。 ペアはグランプリで14位、スペシャルで19位でした。 イングリッドは現在、馬場馬術の世界ランキングで 19 位、総合馬術で 54 位です。

    「この素晴らしい種牡馬を持てたことは素晴らしいことです。 彼は現在14歳ですが、まだまだ成長中です。 以来 [the 2022 World Championships in] ヘルニング、彼は自分自身をさらに楽しんで、より多くの進歩を遂げているようです」とイングリッドは言いました。

    「もちろん、アーヘンやルーミューレンで勝てば、それも非常にエキサイティングだ。 私はたくさんの素晴らしいことをしてきましたが、インドアでの競技は違っていて、とても気に入っています。 私が若い頃、父(ライナー・クリムケ)がそれをしているのを見て、今夜彼の思い出がよみがえってきました。 これは非常に特別でした。」

    イザベル ヴェルトは、金曜日 (11 月 11 日) にグランプリを獲得した後、シュトゥットガルトの大会をリードしていましたが、翌日のフリースタイルでは 82.030% で 2 位に落ち着かなければなりませんでした。 オリンピック チャンピオンのジェシカ フォン ブレドウ ヴェルンドルの兄弟であるベンジャミン ヴェルンドルは、デイリー ミラー 9 で 3 位となり、全ドイツの表彰台を締めくくりました。

    Frederic Wandres と Bluetooth Old、Doroth Schneider と Faustus 94 がトップ 5 を締めくくりました。 オランダのディンジャ ファン リエーレとハルツイジャーは共に自己ベストの 80.225% で 6 位、ジェシカ フォン ブレッド ヴェルンドルはフェルディナンド BB で 78.205% で 10 位でした。 ベンジャミンは 50 の予選ポイントでワールドカップの順位をリードし、イングリッドは 40 で 2 位になり、イザベルは 37 ポイントで 3 位です。

    あなたは下記にもご興味がおありかもしれません:

    毎週木曜日に発行される Horse & Hound マガジンには、最新のニュースやレポートのほか、インタビュー、スペシャル、ノスタルジア、獣医、トレーニングに関するアドバイスが満載です。 楽しみ方を見つけよう 配信された雑誌 さらに、サブスクリプションをアップグレードして、ニュース速報やレポート、その他の特典を提供するオンライン サービスにアクセスするオプションもあります。

  • Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *