シスルダウン サン シーロが HOYS ウェールズ セクション A の王冠を獲得

  • 2022 年のホース オブ ザ イヤー ショー (HOYS) では、自家生産のポニーが一貫性のあるウェールズ セクションとして君臨し続けました。シスルダウン サン シーロ (ロッキー) と 13 歳のルシンダ リーミングは、競争力のあるナショナル ポニー ソサエティ/ベイリーズ ホースを率いました。フィード HOYS ウェールズ セクション A ファイナル。

    HOYS は、Blackhill Picalo の 11 歳の Rocky が彼の広範な履歴書から欠落していた人物でした。 7月、彼はオープンウェールズセクションAおよびB決勝でルシンダと優勝し、弟のウィリアムがサドルに乗ってヘリテージの最初に乗ったチャンピオンシップで記録を破りました。



    ここ HOYS での結果は、家族経営の農場でロッキーを生産しているリーミング家にとってまったく予想外でした。

    「今日、彼は私にとって本当にうまくいった」とルシンダは言った。 「私たちは彼と一緒にすべてを行っており、彼は完全に自家製です。 私たちは彼にマウントゲームをしたことさえあります。」

    ロッキーはパンデミックの直前に買収され、サム・ロバーツでキャリアをスタートさせました。

    「私たちはルシンダの昨年の最初の乗馬のために彼を手に入れましたが、Covidは彼女がその年を逃したことを意味しました」と母親のダイアナ・リーミングは言いました. 「私たちはジュニアとオープンを試すことにしましたが、彼らはますます強くなっています。 今年、彼は NPS と BSPS のチャンピオンシップでも優勝しています。」

    「ルシンダとウィリアムの両方が彼に乗っています。 ルシンダはテクニカルなライダーで、ウィリアムはよりガンホーなので、組み合わせが機能します。 彼らは両方とも農場で彼をハッキングし、彼と何時間も過ごします。」

    ダイアナが説明したように、リーミングの HOYS の準備は標準に反していました。

    「私たちは暗闇の中でフィールドで HOYS の練習をしました。 音楽を演奏する前に採餌器を手に入れ、照明をつけました。それが HOYS の準備でした。」

    サラ パーカーは、HOYS ウェールズ セクション A 決勝で、マンディ ヒギンズの自家繁殖種牡馬パインウェル ストームで 2 位になりました。

    あなたは下記にもご興味がおありかもしれません…

    HOYSのアクションを1秒もお見逃しなく HorseandHound.co.uk 週 1 ポンドから読むことができる量に制限はありません。 Horse & Hound 無制限の Web サイトサブスクリプション。 今すぐ参加. さらに、10 月 13 日木曜日に発売される、すべてのショーと障害飛越競技の詳細な分析と独占コメントを含む、22 ページの完全な HOYS マガジン レポートをお楽しみください。

  • Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *