メインクーンの子猫はたてがみを手に入れる

メインクーンの子猫のたてがみはいつ生えてくるの? 最も美しく魅力的なメインクーンの特徴の 1 つは、ライオンに似た大きなたてがみです。 あなたが目にする最も美しい猫の中には、首の周りに大きな豪華なたてがみを持っているものがあります. それらは、さまざまな長さと厚さで変えることができます。

メインクーンの子猫がたてがみを生やす年齢は、いくつかの要因によって異なります。中には、長く厚い被毛が発達するのに非常に長い時間がかかるものもあります。 メインクーンの被毛の発達について知っておくべきことをいくつか見てみましょう。

メインクーンの毛並みの発達

メインクーンの被毛の発育は猫ごとに異なります。 メインクーンの被毛の発達の多くは、遺伝学に関連しています。 両親のどちらかが「成熟するのが遅い」血統である場合、3〜4歳になるまでたてがみを取得しない可能性があります. 通常、子猫の親の写真を見て、子猫がどのタイプのたてがみを受け継ぐかを確認できます。

夏になると、メインクーンは厚いアンダーコートを失います。 これは「彼らのコートを吹き飛ばす」と呼ばれます。 寒い冬に備えて、彼らはいつもそれを育てます。 女王/授乳中の母親は、子猫を育てている間にコートを吹き飛ばすこともできます.

この時期は、冬服を着ているときほどたてがみが目立ちません。

平均して、メインクーンの子猫は生後約 7 か月で成虫の被毛が生え始めます。 この変化が始まると、テクスチャーや色さえも変化し始めることに気付くかもしれません.9ヶ月齢のラウンドで、たてがみが発達し始めるのが見え始めるはずです. 最初は少しだけ見えるかもしれません。 時間が経つにつれて、たてがみは長く太くなり、最終的にあなたのメインクーンは頭の周りに完全なネックレスをつけます.

成長したメインクーンラフ

メインクーンは成熟するのが非常に遅いため、自分の猫にたてがみが生えるのかどうか疑問に思うかもしれません。 心配しないで。 あなたが血統のメインクーンの猫を飼っているなら(ここで見分ける方法があります)、有名なたてがみをその栄光の中で見ること以上に期待することはできません.

これは、子猫の生活のさまざまな段階にある子猫の写真と、年長の子猫の写真の隣にあります。 子猫の赤ちゃんの毛並みと成毛の毛並みの違いがわかります。

メインクーンのたてがみの手入れ

たてがみはもつれる最も一般的な領域ではありませんが、確かにそうです。 たてがみが発達するにつれて、猫は舌ではるかに長いストロークを使用していることに気付くでしょう.彼は舌を何マイルも伸ばして、豪華なロックの先端まで掃除しようとしているように見えます.

ステンレス製のくしを使って彼を助け、コートを毎日くしでとかすのはいいことです。 もつれを取り除くと、毛皮がマットになるのを防ぐのに役立ちます. あなたのメインクーン猫がコートを最高の形に保つのを助けるために、より多くの毛づくろいのヒントを必ずチェックしてください.

次にあなたが疑問に思っているときは「メインクーンの子猫はいつたてがみを取得しますか「さあ、今ならわかる!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *