乗馬学校が 50 周年を迎え、500 人が参加

  • ある乗馬学校は、約 500 人のサポーターの助けを借りて 50 周年を迎えました。

    10 月 30 日、タワー ファーム乗馬厩舎はハロウィーンをテーマにしたパーティーを開催し、ケーキの屋台で馬草病基金の資金を集め、画期的な出来事を記念しました。



    乗馬学校のオーナーであるキャロライン・バックルは、「ケーキをカットしたとき、確かに涙が出ました」と語った。 H&H.

    タワー ファームは、キャロラインの両親であるジュディとジョック フォレストによって 1972 年に設立されました。

    タワー ファーム乗馬学校のオーナーであるキャロライン バックルさんとヤード マネージャーのデビー ヘンダーソンさんがセンターの 50 周年を記念してケーキをカットしました。

    センターは長年にわたって進化と成長を続けており、42 頭の馬とポニーが生息しています。 ポニーに乗れる 3 歳からのライダーを対象としており、最年長のクライアントは 1980 年代から乗馬を続けている 80 歳です。

    「人々が乗る理由はたくさんありますが、私たちはすべての人を歓迎します。 私たちはたくさんの種類を提供していますが、つい最近、新婚旅行の一環として乗りに来たカップルがここにいました」とキャロラインは言いました.

    「私たちは非常に幸運で、エジンバラ城とフォース川の景色を望むオフロード ハッキングがすべてあり、ビーチ ライドも提供しています。」

    キャロライン氏によると、パンデミックは困難な状況でしたが、乗馬学校は JustGiving ページのおかげで多くのサポートを受けており、ロックダウン中に閉鎖されている間、時間を積極的に使っていました。

    「一歩下がって物事を考える時間を与えてくれました」と彼女は言いました。

    「私たちは常にデジタル予約プラットフォームに移行したいと考えていたので、それを行いました。また、庭にも小さな変更を加えました。物を保管する場所など、ばかげたことです。 長い間何かをしていると、パターンに陥る可能性があるため、物事を見るための少しのヘッドスペースが得られ、Covid から出て、再起動する準備ができました。」

    キャロラインは、50年に達することは莫大な量を意味すると言いました.

    「私はここで育ちました。それは私の血に流れています。 あなたのお母さんがそれを作り上げるために一日中働いたとき、あなたはそれを続けたいと思っています」と彼女は言いました.

    「今後も高い基準とリピーターを維持し、馬とスタッフが健康で幸せであることを確認し続けたい. 私たちは皆のために最善を尽くし続けます。それは、スタッフから馬、クライアントに至るまで、チームの大きな努力です。 私たちは皆一緒にいます。

    あなたは下記にもご興味がおありかもしれません:

    毎週木曜日に発行される Horse & Hound マガジンには、最新のニュースやレポートのほか、インタビュー、スペシャル、ノスタルジア、獣医、トレーニングに関するアドバイスが満載です。 楽しみ方を見つけよう 配信された雑誌 さらに、サブスクリプションをアップグレードして、ニュース速報やレポート、その他の特典を提供するオンライン サービスにアクセスするオプションもあります。

  • Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *