生まれたばかりの子猫の世話:週ごとのガイド

手のひらに収まるほどの小さな子猫が、1年でこんなに大きくなるとは信じられません。 しかし、実際には、子猫の生後 2 か月の間には多くのことが起こります。 ほとんどの成長は、子猫の生後最初の 8 週間の間に起こります。 この子猫のタイムラインをチェックして、子猫が猫になるまでの旅の特定のマイルストーンをいつ期待するかを学びましょう.

生まれたばかりの子猫

生まれたばかりの子猫

生まれたばかりの子猫は目を閉じ、耳を折りたたんでいます。 彼らには歯がありません。 鼻、歯茎、足がピンク色に見えることがあります。 この若い子猫は、まだ嘔吐反射や体温調節能力を持っていません。 同様に、彼らの爪は引っ込められません。

へその緒はつながって、生後4~5日くらいで自然に抜け落ちます。 生涯のこの段階では、子猫は見ることも聞くこともできません。 彼らは、香りと暖かさと快適さを求めて、自分の周りの世界をナビゲートすることしかできません.

誕生時の体重は約 95 ~ 97 °F で、体重は約 1.8 ~ 5.3 オンスまたは 50 ~ 150 グラムです。 生まれたての猫に優しい熱源を確保することが重要です。

行動: この頃の子猫 一日のほとんどを寝ます。 新生児は身を守ることも歩くこともできませんが、ハイハイで動き回ることができる場合があります。 健康な新生児は身もだえし、扱うとニャーと鳴きます。

子猫のお手入れ: 赤ちゃんの子猫は、食べ物、暖かさ、身だしなみ、トイレの介助と同じように、常に母猫と一緒にいます。 母猫がそばにいない場合、子猫には、知識のある世話人が 2 時間ごとに哺乳瓶と子猫用調合乳を与え、おしっことうんちをするように刺激し、適切な温度に保つ必要があります。

第 1 週

すべての猫は青い目で生まれ、年齢とともに変化します。 生後 1 週間の子猫は目を閉じますが、へその緒はありません。 爪は引っ込めることができず、歯もありません。 7 日頃から外耳道が開き、耳が少しほぐれてきます。 目は約 8 ~ 12 日でゆっくりと開きますが、これには数日かかることがあります。 片方の目はもう一方よりも速く開くことがあります。 子猫の目を自分の速度で開くことが不可欠です。

約 97 ~ 98 °F で、約 5.3 ~ 8.8 オンスまたは 150 ~ 250 グラムです。 1週目までに、子猫は出生時の体重の約2倍になります。 子猫を心地よく安全に保つには、穏やかな暖かさを提供することが不可欠です。

行動: 生後 1 週間の子猫は、新生児よりも大きいですが、主に協調運動ができておらず、1 日のほとんどを寝ています。 この段階で、子猫は頭を上げ、腕や足を小刻みに動かし、元気で声を出すことができるようになります。

子猫のお手入れ: 生後 1 週間の子猫は、今でもはっきりと母猫の仲間です。 ママがいない場合は、有能な介護者が 2 ~ 3 時間ごとに哺乳瓶と子猫用調合乳を与え、トイレに行くように促し、適切な温度に保つ必要があります。

第 2 週

生後2週間の子猫

生後2週間で、子猫の青い目が完全に開きます。 彼らの視力は悪くなり、遠くのものを見ることができなくなります。 この時点で、外耳道が開いています。 赤ちゃんのクマのように、耳は小さくて丸みを帯びています。 口を開けると、まだ歯がないことがわかります。 爪は引き込み不可のままです。

生後 3 週間の猫の平均体温は約 98 ~ 99 °F です。 重量は約 8.8 ~ 12.3 オンスまたは 250 ~ 350 グラムです。 子猫の雰囲気は約80°Fに維持する必要があります。

行動: 生後 2 週間の子猫は、協調性が高まり、最初の一歩を踏み出します。 彼らは不安定で協調性がありません。 この年齢の子猫は、周囲の世界にいくらかの好奇心を示すかもしれませんが、まだ遊ぶことはなく、ほとんどの時間を寝て過ごします。

子猫のお手入れ: 生後 2 週間の子猫は、まだフルタイムでママと一緒にいます。 ママがそばにいない場合は、熟練した世話人が 3 ~ 4 時間ごとに哺乳びんに入れた子猫用粉ミルクを与え、バスルームを刺激し、適切な温度に保たなければなりません。 生後 2 週間の子猫には、駆虫剤を投与することがあります。

第 3 週

生後3週間の子猫は青い目をしています。 彼らの小さな耳は子猫のように見え始め、先端を指します. 同様に、彼らの視力と聴力はゆっくりと改善されます。 この年齢で最初の歯が飛び出し始めます。 切歯と呼ばれる口の前の小さな歯が、歯肉から出始めます。 子猫はゆっくりと爪を引っ込め始めます。

生後 3 週間の子猫にはまだ熱源が必要です。 しかし、彼らははるかに精力的で、眠っていないときはさまよっているかもしれません. それらの温度は約 99 ~ 100 °F で、重さは約 12.3 ~ 15.9 オンスまたは 350 ~ 450 グラムです。 この時点で、環境は約 75°F である必要があります。

行動: この年齢の子猫は、周囲を散歩し、トイレで実験を始めることさえあります. まだ動くものを追いかけることはできませんが、猫のおもちゃに興味を持つようになるかもしれません。 彼らはまだ頻繁に眠り、ちょっとしたセルフグルーミングの習慣を始めるかもしれません。 今週を通して、彼らの調整は大幅に改善されます。

子猫のお手入れ: 生後 3 週間の子猫は、常に母親と一緒にいる必要があります。 まとまりのない散らかった浅いトイレを用意してください。 母猫の機嫌が悪い場合は、経験豊富な世話人が 4 ~ 5 時間ごとに子猫に d 子猫調合乳を哺乳瓶で与える必要があります。

第 4 週

生後4週間の子猫

生後4週間の子猫は、視覚と聴覚がより鮮明になります。 子猫の歯は成長し続けます。 犬歯と呼ばれる、切歯に沿った長い歯が、歯肉の下に突き刺さり始めます。 この時点で、爪は格納可能になります。

生後 4 週間の子猫には、外部熱源を与え続けます。 この年齢の子猫は約 99 ~ 101 °F で、体重は約 15.9 オンス ~ 1.2 ポンドまたは 450 ~ 550 グラムです。 子猫の周囲は居心地が良く、70 ~ 75°F よりも寒くならないようにする必要があります。

行動: 生後 4 週間の子猫は、協調運動が発達するにつれて、自信を持って探索するようになります。 この段階で、彼らは歩いたり、走ったり、遊び始めたりします。 発達した感覚により、彼らははるかに受容的になり、絶え間なくアイコンタクトを取り、環境刺激に反応します. 彼らのグルーミング能力はまだ制限されているかもしれませんが、改善されています. この段階では、トイレを使用します。

子猫のお手入れ:生後 1 週間の子猫は、常に母猫と一緒にいる必要があります。 生後 4 週間の子猫はおもちゃに慣れることができ、すでにトイレを使用しています。 この年齢の孤児は、夜間であっても、5 時間ごとに哺乳瓶で栄養を与える必要があります。

第 5 週

生後5週間の子猫の歯は伸び続けます。 また、小臼歯が出始めていることに気付くでしょう。 目はまだ青いですが、耳はすでに尖っています。 爪は引き込み式になります。

この段階で、子猫は華氏約 100 ~ 101 度になり、体重は約 1.2 ~ 1.4 ポンドまたは 550 ~ 650 グラムになります。 この年齢では、環境が70-75の温度レベルで快適である限り、家庭用暖房源はもはや必要ありません.

行動: 生後5週間の子猫は自信を持って走ったり遊んだりします。 人間や他のペットとの社会的能力を学び始めます。 グルーミング能力が向上します。 同様に、この年齢ではトイレの使用率が向上します。

子猫のお手入れ: 5 週頃の健康な子猫は、離乳を開始することがあります。 離乳の過程では、食物と水分が十分に必要です。 子猫には、十分な「スラリー」またはウェットフードと、母乳またはボトルへのアクセスが必要です。 常に栄養補給を行い、子猫が離乳期を通じて健康的な体重を維持できるようにします。 いつでも利用できる浅いトイレを用意してください。

第6週

生後6週間の子猫

生後6週間で、子猫の歯は初期の発達の最後に達し始め、大臼歯が出現し始めます. 目はまだ青いままですが、視覚と聴覚は完全に発達します。

この段階での体温は約 100 ~ 101°F です。 重量は約 1.4 ~ 1.7 ポンドまたは 650 ~ 750 グラムです。 エリアが約70〜75°Fである限り、この年齢では外部熱源はもはや必要ありません.

行動: 生後 6 週間の子猫は、仲間と社会的に交流したり、喧嘩をしたり、飛び跳ねたりすることに自信を持っています。 彼らは探検に熱心で、好奇心旺盛です。 この時点で、グルーミング能力も大幅に向上します。 生後 6 週間の子猫は、家具から飛び降りて自分の足で着地できるほど調整されています。

子猫のお手入れ: 離乳期の子猫には、十分な量のウェットフードを与える必要があります。 水、食べ物、浅いトイレを用意してください。 生後 6 週の子猫は、ウイルスから身を守るために最初の FVRCP ワクチンを接種する必要があります。

第7週

すべての乳歯は生後 7 週で完全に生えてきます。 オスの子猫の睾丸は生後7週間頃から下がり始めます。 この年齢の子猫の青い目の色は、成体の目の色が発達するにつれて変化します。

典型的な温度は約 100 ~ 101 °F で、重さは約 1.7 ~ 1.9 ポンドまたは 750 ~ 850 グラムです。 この年齢では、温度が 70 ~ 75°F に保たれている限り、熱源は必要ありません。

行動: 生後7週間の子猫は、エネルギーの急上昇を経験します。

睡眠時間が減り、遊ぶ時間が長くなります。 この年齢の子猫は、走ったり、猫の木に登ったり、自信を持って家具に飛び乗ったりすることができます。

子猫のお手入れ: 子猫には十分な量のウェット フードを与える必要があり、サプリメントとしてキブル キブルやその他の固形食品を与えることもできます。 水、食べ物、トイレをいつでも利用できるようにします。

第 8 週

生後8週間の子猫

生後 8 週の子猫の目は、大人の色である琥珀色、緑色、茶色、または青色になります。 それらの温度は約 100 ~ 101°F で、重さは約 1.9 ~ 2.1 ポンドまたは 850 ~ 950 グラムです。 環境が70-75°Fで快適である限り、この年齢では外部暖房はもはや必要ありません.

行動: 生後 8 週の子猫は元気で、自立しています。 彼らの調整と敏捷性はほぼ完全に発達します。

子猫のお手入れ: 子猫は、1日に3〜4回、トイレと乾いた子猫の食べ物または子猫のキブルにアクセスする必要があります. この段階では、必要に応じてドライフードからカロリーの大部分を得ることができます. 最近の FVRCP 注射から 2 週間が経過している場合、子猫はこの時点で追加免疫を受ける可能性があります。 内部寄生虫を探すために糞便検査を実行することも良い. 子猫が駆虫されていない場合は、駆虫剤を投与できます。 この年齢で、体重が 2 ポンドで健康であれば、避妊去勢手術、マイクロチップ挿入、養子縁組を行うことができます。

子猫の入浴方法

  • 水を適温にしてください。 小さなシンクまたは容器にすべて温水を用意します。 子猫が汚れている場合は、少量のドーン シャンプーまたはベビー シャンプーを水に入れます。
  • 子猫をすぐに乾かし、寒さを防ぐためにタオルを用意してください。 事前に衣類乾燥機でタオルを温めておくこともできます。
  • 子猫の首筋をそっと持ち、もう一方の手で体を持ちます。 これは、猫をよりよく管理し、快適に保つのに役立つ場合があります。
  • 子猫の汚れや糞を取り除くために、子猫をすばやく広範囲にお風呂に入れます。 たとえば、お尻が汚れている場合は、子猫全体ではなく、お尻だけを水没させます。
  • 子猫をぬるま湯ですすぎ、すぐにタオルで包みます。
  • 子猫を乾かすために激しくこすります。 最初のタオルが濡れすぎている場合は、きちんとした完全に乾いたタオルに移してください。
  • 子猫をあなたと一緒に飼ってください。 完全に乾くまで子猫を下に置かないでください。 必要に応じて、子猫が乾かしている間、タオルの周りに温熱パッドを巻き付けます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *