蹄鉄は何のためにあるのか? | | 馬は愛です

何があるか知っていますか 蹄鉄の目的 私たちの馬の友人のために? または蹄鉄は何のためにあるのですか?

人間は、過度の磨耗やひづめの破損を防ぐために、馬用の靴を履いています。 さらに、靴は牧場での日々の活動で馬をサポートします。

同時に、野生の馬は、家畜化された馬のように靴を履くのではなく、蹄を自然に維持するための食料と水を得るために毎日移動します。

蹄鉄は何のためのものですか

馬が靴を履く理由

馬が家畜化されて以来、馬はさまざまな理由で靴を必要としています。 主な理由は、馬のひづめが硬くなく、怪我をしやすいことです。

馬は十分な食料を得るために野生で 1 日に最大 50 マイル (80 km) 移動することがあります。 その結果、馬は蹄を小さく、滑らかで、均一で、硬い状態に自然に維持します。 足裏への絶え間ない刺激が、足裏を厚く硬く保ちます。

野生の馬蹄

人間の手を加えていない野生のムスタングのひづめ。 クレジット: Jeff Dixon 写真提供。

しかし、家畜化では、馬が人間に奉仕する方法は、自然環境で遭遇するものとは異なります.

人間は飼いならされた馬を、祖先の生息地よりも寒くて湿った地域に連れてきます。 これらの柔らかくて重い土壌は、蹄を柔らかくし、裂けやすくするため、蹄の保護が必要になります.

飼いならされた馬はまた、厩舎と仕事の間で一貫性のない動きを受けやすい. 彼らは追加の重量を運ぶか引っ張らなければなりません。

さらに、灌漑された土地、競技場の足場、屋台の寝床などの柔らかい足場で保管され、機能することがよくあります。

正しく掃除されていても、馬のひづめは、尿からの湿気やアンモニアにさらされています。 すでに弱っている足を保護するために、所有者は馬の靴を履く必要があります。

馬蹄の歴史

蹄鉄は金属で作られた加工品ですが、部分的または全体的に現代の合成材料で作られていることもあります. 馬のひづめを摩耗から保護するように設計されています。

人間と馬のパートナーシップが始まって以来、蹄鉄のアイデアが定着しています。

ネイティブ アメリカンとアジアの昔のライダーは、蹄全体を保護するために馬に頑丈な革のブーツを提供しました。 古代ローマ人はまた、馬の靴を作るために革を使用していました.

蹄鉄は、さまざまな種類の馬と馬の仕事のために開発された、さまざまな素材とスタイルで利用できます。

最も一般的な要素はスチールとアルミニウムですが、特殊な靴にはゴム、プラスチック、マグネシウム、チタン、または銅が含まれる場合があります。

馬に靴を履かせるかどうかの決定

馬に靴を履かせるかどうかは、次の 7 つの質問について、蹄鉄工または獣医と話し合うことで決めることができます。

  • あなたの馬のひづめは滑らかで、きつく、形が整っていますか?
  • あなたの馬は体格が良いですか?
  • あなたの馬の筋肉、骨、関節に問題はありませんか?
  • あなたの馬の仕事量は軽いですか、中程度ですか、それとも重いですか?
  • あなたの馬は十分な運動をしていますか?
  • あなたの馬は放牧するのに十分な時間を与えられていますか?
  • あなたの馬は、靴を履かなければならない状態、病気、または怪我に苦しんでいますか?

あなたの馬が現在蹄の問題を経験しておらず、状況や仕事量の変化を予期していない場合、靴は不要かもしれません.

馬の所有者として、獣医師や蹄鉄工のアドバイスに注意深く耳を傾ける必要があります。 そうすれば、あなたの馬にぴったりの蹄の治療法を思いつくことができます.

結論

さて、蹄鉄が何のためにあるのか知っていますよね?

蹄鉄の存在は、馬のひづめが過度の動きによって怪我をするのを防ぐためです. これらの靴は、馬の家畜化に端を発しています。

この記事は役に立ちましたか? あなたの考えをコメントして、この知識を友達と共有してください。

参考文献:

  1. 蹄鉄は馬を傷つけますか? 真実を発見してください!
  2. 馬に蹄鉄が必要な理由
  3. クライズデールの費用はいくらですか? (価格を知るためにそれを読んでください)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *