馬場馬術におけるダブルブライドルと拍車に関する新しい提案が議論を巻き起こす

  • 国際馬場馬術のグランプリレベルでダブルブライドルとスパーをオプションにするという提案は、議論を巻き起こしました。

    先月、インターナショナル ドレッサージュ ライダーズ クラブ (IDRC) とインターナショナル ドレッサージュ トレーナーズ クラブ (IDTC) は、この提案に反対する FEI と FEI の独立した馬の倫理と福祉委員会への共同書簡を発行しました。馬への危険」であり、誤用を防ぐための「十分な管理」がすでに行われています。



    この議論は、6月に設立された馬の倫理と福祉委員会が協議を行い、グランプリ馬場馬術でダブルブライドルをオプションにする可能性を含め、8月にFEIに多くの勧告を提出した後に発生した。すべての FEI 種目でオプション。

    IDRCとIDTCは、ダブルブライドルへの反対は、それがどのように、そしてなぜ使用されるかについての「理解の欠如」から来ていると述べた.

    「はい、ダブルの使い方を誤ると、力を入れたり怪我をしたりする可能性があります。これは、スナッフルやその他のビット、さらにはハッカモアにも当てはまります。 このため、シャンクの長さやポートのサイズなど、正確に使用できるビットには制限があります」と書簡は述べ、ダブルブライドルの適切な使用は「究極の専門知識」を示すと付け加えています.

    「どんなテストでも、最後に馬の綿密な精査があります。 負傷の兆候があれば、排除されます。 これは、ライダーが手綱を慎重に使用することを確実にする強力なインセンティブです。」

    書簡は、ダブルブライドルとスパーを適切に使用することで、ライダーは洗練された補助具を提供できるようになり、これらをオプションにすることは「馬の福祉にプラスの影響を与えない」と付け加えています.

    「批評家が満足することを期待して、これらのアイテムを批評家への「平和の提供」としてオプションにするのは魅力的かもしれませんが、そのアプローチは正しくなく、素朴です. しかし、もっと重要なのは、根拠のない、または無知な批判に屈することは、実際的かつ倫理的に間違っているということです。」

    書簡に応えて、FEI は次のように語った。 H&H FEI は、馬の福祉と優れた管理基準の確保に「しっかりと取り組んで」おり、「心を開いて」、対話と協議を通じて繰り返される問題に対して有意義な解決策を模索することが FEI の義務でした。

    FEI のスポークスマンは、馬の倫理と福祉委員会の勧告はフィードバックのために技術委員会と共有されており、来月の総会で中間報告が提出されると述べた。

    「これらの提案は、進行中の協議プロセスの一部です。 IDRCとIDTCが表明した懸念に留意し、理事会と馬の倫理および福祉委員会の注意を引く予定です。」

    世界とヨーロッパのメダリスト、ガレス・ヒューズは語った H&H 彼は両方の議論を理解し、すべての馬をスナッフルとダブルスで訓練していると述べました。

    「ナイス ライディングは、スナッフルでもダブルでもナイス ライディングです」と彼は言いました。 それが私たちがもっとこだわるべきことです。 馬を上手に生み出す乗馬、そしてジャッジがアリーナで探しているものに関してスポーツがどのように前進するか、他の種類の乗馬がスポーツに入るのを止め、その調和のとれた側面を促進する. そのように乗るときは、スナッフルであろうとダブルオンであろうと、本当に問題ではありません。」

    World Horse Welfare の最高経営責任者である Roly Owers 氏は次のように述べています。 H&H 提案が物議を醸す理由が「好奇心」だった.

    「確かに、噛みつきやその他のアクセサリーの使用よりも、馬がどのように行動するかが最も重要なのですか? ダブルブライドルは便利なツールですが、強力なツールでもあり、ライダーに選択肢を与えるのは正しいようです.

    「スポーツの一貫したマントラは、私たちの慣行に疑問を呈することを含め、現状に挑戦することである必要があります. なぜこの変更を行うのかと尋ねる人もいるかもしれません。 私たちは尋ねます、なぜあなたはそうしないのですか?

    あなたは下記にもご興味がおありかもしれません:

    毎週木曜日に発行される Horse & Hound マガジンには、最新のニュースやレポートのほか、インタビュー、スペシャル、ノスタルジア、獣医、トレーニングに関するアドバイスが満載です。 楽しみ方を見つけよう 配信された雑誌 さらに、サブスクリプションをアップグレードして、ニュース速報やレポート、その他の特典を提供するオンライン サービスにアクセスするオプションもあります。

  • Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *