Strides for Equality Equestrians (SEE) Awards Winter 2023 Ever So Sweet Scholarship to Micah Green

Strides for Equality Equestrians (SEE) は、2023 年冬の Ever So Sweet Scholarship をフロリダ州ジャクソンビルの Micah Green さん (23 歳) に授与したことを発表いたします。 エバー ソー スウィート奨学金の 4 人目の受賞者として、ミカはフロリダ州オカラにある彼女の冬の拠点で、サラ コズンプリクから全額有給のトレーニングと指導を受けます。

Ever So Sweet Scholarship の再申請者である Micah は、ESS の受給者として選ばれた場合の決意と明確なビジョンを示しました。

「競馬と人脈で名声を獲得し、競馬界で活躍したい」 [is that] 育った環境や肌の色が、スポーツで優れた能力を発揮する能力に影響しないことをお見せします」とマイカは申請書に書いています。

「アフリカ系アメリカ人の男性として、このスポーツは必ずしも私の分野に属するものではありません」と、マイカは Optimum Youth Equestrian のエッセイで述べています。 「友達は私をいじめたわけではありませんが、『マイリトルポニー』に乗っていることをからかって、『ホースボーイ』と呼んでいました。 このスポーツは女性として見られるものであり、人々はいつも私に「バスケットボールをするべきだ」または「フットボールをするべきだ」と言います。」

Micah は 8 歳のときに西部の納屋で乗馬を始め、最終的には 6 年生の理科の先生を通じて英語での乗馬に移行しました。 それ以来、彼は主にハンター、ジャンパー、馬術のリングで競い合い、在学中はフロリダ大学のハント シート チームに参加しました。

Micah は、Ever So Sweet Scholarship の受給者としての時間を、乗馬の改善、総合馬術の試乗、ネットワーキング スキルの向上に活用することを楽しみにしています。業界。

Strides for Equality Equestrians は、Edy Rameika、Sara Kozumplik、USEA Foundation に対し、ESS などの一生に一度の教育の機会を通じて、多様なバックグラウンドを持つライダーの認知度と機会を高めるという使命を継続的に支援してくれたことに感謝します。

プレスコンタクト

エリン・トムソン

コミュニケーション – 平等な馬術家のための歩み

[email protected]

[email protected]

Strides for Equality Equestrians (SEE) は、乗馬コミュニティのための同盟プログラムです。 2020 年に設立された私たちは、BIPOC 馬術選手向けのアクセス プログラムと専門的な道筋をサポートし、支持者を関与させて教育することにより、馬術スポーツにおける人種的および民族的多様性の欠如に対処しようとしています。 私たちが世界で見たい変化でなければならないことを認識し、SEEは馬術家が肩を並べて立ち、平等と正義のために戦うことを奨励します. 静かに、匿名ではなく…誇らしげに、大声で。 SEE の詳細については、次を参照してください。 www.stridesforequality.org/mission. ここでSEEの使命を支援するために寄付をしてください: www.stridesforequality.org/donate.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *