The Dutta Corp. トライオン国際 3 日間イベントの 3 日目、晴れた空とリーダーボードの激変

ノースカロライナ州ミルスプリング – The Dutta Corp. Tryon インターナショナル 3 日間イベントの参加者は、荒天の脅威を背景に、クロスカントリーと障害飛越競技のフェーズが始まる中、穏やかで穏やかな 1 日を楽しみました。

Dutta Corp USEF CCI4*-L イベンティング ナショナル チャンピオンシップ

The Dutta Corp. CCI4*-L イベンティング ナショナル チャンピオンシップの出場者は、トライオンのホワイト オーク クロスカントリー コースに最初に参加し、トライオンの丘陵地帯でマーク フィリップスの 30 の質問のコースに取り組みました。 第 2 フェーズは影響力があり、最終フェーズに向けてリーダーボードがシャッフルされました。

ダン・クライトルとカーマンゴ
ダン・クレイトルとカーマンゴ。 ©テイラー・ペンス

ダン・クレイトル(インディアナ州マンシー)とカーマンゴ、ケイ・ディクソンの2013年のウェストファーレン騸馬は、2位でクロスカントリーに入り、わずか2回のタイムペナルティで明確なジャンピングラウンドを行い、1位になりました。 このイベントは、Kreitl と Carmango にとって初めての CCI4*-L であり、長いパートナーシップの成果です。

「友人のケイとスティーブ・ディクソンが馬を所有しています。 私は生計を立てるためにやっているわけではありませんが、彼らは私を友人として後援してくれているので、これらの若い馬を育ててきました」とクライトルは言いました. 「レスリー・ロウは、彼が4歳のときに私たちのために彼を見つけました.彼は今年9歳です. 私は初心者からこの時点まで彼を持っていました。 彼は私たちのために根性を試す本物の馬です。 毎日 110% を投入する馬に乗ったことはありません。 彼は 3 つのフェーズすべてでとても簡単です。」

Kreitl は、ラウンドが完璧に進まなかったことを認めています。彼はコースの終わりに向かって釘を刺す瞬間がありましたが、2 人はそれを乗り越えました。

「ありがたいことに、馬は適切なタイミングで頭を上げてくれたので、私をサドルに戻して出発するのに役立ちました」とクライトルは言いました。 「それはとても楽しく、間違いなく私のアドレナリンがもう少しポンピングされました!

「私はこの会場であまり乗ったことがなく、あと 1 回しか乗っていませんが、どれだけの雨が降ったかを考えると、足場は最高だと思いました」と Kreitl は言いました。 「チャレンジングなコースだと感じました… かなりのトレーニングでしたが、 [Carmango] その後はかなり回復し、調子もよかったので、彼がより長いコースをどのように処理したかを見て、私たちは本当にうれしく思いました。」

明日、ナショナル チャンピオンシップの出場者が障害飛越競技のためにトライオン スタジアムに向かうとき、プレッシャーはさらに大きくなります。 スコア 31.2 のクレイトルは、2 位のコンビネーションであるフィリップ ダットン (ペンシルベニア州ウェスト グローブ) と、キャロライン、アン、マイケル モランが所有する 2012 年のアイリッシュ スポーツ ホースの牝馬、アズールに 2 ペナルティ ポイント差をつけていません。ダブルクリアクロスカントリーラウンドもありました。 Liz Halliday-Sharp (ケンタッキー州レキシントン) はきれいな跳躍の努力をしましたが、Ocala Horse Properties, LLC が所有する 2008 KWPN の騸馬である Deniro Z とのクロスカントリーで 5.6 タイムのペナルティがあり、順位を 1 位から 3 位に上げました。

USEA主催USEFイベンティングヤングライダー選手権

金曜日の大雨によりスケジュールが変更されたため、USEA 主催の USEF イベンティング ヤング ライダー チャンピオンシップの CCIJ1*-L の障害飛越競技をクロスカントリーの前に移動するなど、障害飛越競技にいくつかの変更がありました。

エリア 2/7 を合わせたチームは、障害飛越競技の後、合計スコア 100.4 で首位に躍り出ました。 エリア 7 のリジー ホフ (ワシントン州ギグ ハーバー) は、キャロライン マーティンの 2015 年アイリッシュ スポーツ ホースの去勢馬である HSH リミテッド エディションで個人リードを維持しました。

リジー・ホフとHSH限定版
リジー・ホフとHSH限定版。 ©レスリー・ポッター/US Equestrian

土曜日の CCIJY2*-L クロスカントリー フェーズの後、エリア 2/4/6 を合わせたチームが順位を上げ、116.3 のスコアで 1 位になりました。 カナダの Cassandre Leblanc (Beaumont, Quebec) は、彼女自身の 2005 年のサラブレッドの去勢馬である Riffel とダブルクリア クロスカントリー フェーズを行い、個人で 1 位になりました。

CCI3*-L では、エリア 5/8 チームが 150.4 で首位に躍り出ました。 トミー グリーンガード (カリフォルニア州マリブ) と彼の 2014 ダッチ ウォームブラッド騸馬ジョシュアイ MBF は、クロスカントリー ラウンドで明確な跳躍の努力とわずか 4 回のペナルティの後、YRC でリードを維持しています。

USEF Network で USEA が提供する The Dutta Corp. Tryon USEF CCI4*-L イベンティング ナショナル チャンピオンシップと USEF イベンティング ヤング ライダー チャンピオンシップをご覧ください。

結果 | | YRCチームの結果

米国馬術をフォローする
USA Eventing をフォロー フェイスブックインスタグラム と米国の馬術競技 フェイスブックインスタグラムチクタクツイッター. #USAEventing を使用してください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *