US Equestrian は、Robert Costello を総合馬術テクニカル アドバイザーおよびシェフ デキップに任命したことを発表します。

ケンタッキー州レキシントン – US Equestrian (USEF) は、本日 2022 年 11 月 1 日付けで、Robert (Bobby) Costello を Eventing Technical Advisor/Chef d’Equipe に任命したことを発表しました。

コステロは、1970 年代に初めて総合馬術競技に参加し、30 年以上にわたって競技者およびコーチとして成功を収めてきました。 コステロとシュヴァリエは、2000 年のシドニー オリンピックに出場し、個人で 8 位になりました。 スポーツ ガバナンスの面では、コステロは、USEF Active Athletes Committee (2001-2008) や USEF Eventing High Performance Committee (2009-2012) の議長など、数多くの役職を歴任してきました。 彼は、2013 年から 2020 年の東京オリンピックまで、オリンピック、ワールド、パンアメリカン ゲームの USEF 総合総合馬術選考委員会の議長を務めました。 ごく最近、Costello は暫定的な USEF イベンティング シェフ デキップ兼チーム マネージャーを務め、イタリアのプラトーニで開催された FEI イベンティング世界選手権で USEF ランドローバー イベンティング チームをチーム シルバーに導く手助けをしました。

「USEF Eventing のテクニカル アドバイザー/シェフ デキップに指名されたことは、非常に光栄です」とコステロは述べています。 「私は 12 歳で初めて競技に参加して以来、このスポーツに携わってきました。それ以来、このスポーツでさまざまな帽子をかぶることができました。 過去 7 か月間暫定シェフを務めた経験から、アスリートがよりエキサイティングなメダル獲得パフォーマンスを米国で実現するために何が必要かについて明確な考えを得ることができました。今から 20 か月後のパリ オリンピックに向けて、私は楽しみにしています。トップアスリート、オーナー、新郎、USEFスタッフと協力して仕事を始めることができます。 この機会に心から感謝しています。」

「私が米国馬術連盟に移行したとき、私にとってエキサイティングな数週間でした。 この役割は、世界の舞台で繰り返しメダルを獲得してきた非常に多くの成功した分野とその国際チームを網羅しているため、私にとって新しい役割です。 「そのような観点から、ボビーがUSEFイベンティング部門のシェフ兼チームマネージャーとして、WEG 2022銀メダルチームのイベンティング部門で彼の職務を拡大することを嬉しく思います。 ボビーのことは何年も前から知っていますが、彼が暫定的な役割に適応し、イタリアでのイベンターをサポートしたことに感銘を受けました。 ボビーが 2024 年パリへの旅の次の行程を開始するにあたり、建設的かつ励みになる影響を与えることは間違いありません。彼と一緒に仕事をすることをとても楽しみにしています。」

「ボビーは、アスリート、コーチ、オーナー、サポート担当者を巻き込み、前向きなチーム環境を育み、プログラム全体で誠実さと卓越性を確保することで、US Eventing Elite Team を率いる能力を実証してきました。」 「ボビーがこの役割に加わったことをうれしく思います。私たちのイベンティング プログラムの継続的な成功を楽しみにしています。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *